風俗嬢の税金対策

風俗嬢の税金対策

風俗嬢の多くは月給制ではありませんし、身分はお店の従業員ではありません。いわば一人一人が個人事業主なのです。そのため確定申告をしなくてはいけませんし、一年を通して風俗譲として勤めたら、かなりの収入になりますから、税金対策はきちんとしなくてはいけません。税金を払わないということは脱税になってしまいますから最初から考えてはいけません。それなりの収入のある人は税理士に確定申告を頼む方法もあります。多少のお金は必要になりますが、きちんとした確定申告ができますから安心です。もちろん自分でも確定申告ができます。自分で確定申告を行う場合は、控除できる項目が少しでも多い方がいいです。自分でかけている生命保険や個人年金、国民健康保険や国民年金の支払額もきちんと申告しましょう。少しでも節税対策になりますし、扶養している家族がいればかなりの節税となります。少しでも税金の額を減らしたいのであれば税理士に頼むのがいいのですが、自分でもがんばればできるということですね。

カテゴリー:女性風俗求人Q&A

よく似た質問をチェックする